スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠報告後の親の対応

もう37週の臨月になるのに親にも連絡してないと以前記事に書いたが、旦那がわたしの父親に連絡したらしい。


その時は父親普通の対応だったらしいのだが、今日旦那にメールが来たらしい。
「週末顔を見に行きたい。」と・・・もうこのメール時点で何もわかってない。

いること自体がストレスだってこと。



娘の気持ちなんて何もわかってない。



わたしは何者?



あなた達の所有物?



自分達の思い通りになれば満足?



自分達の思う通りにならなければ出来そこないの娘?


子供がもうすぐ産まれるから、喜ぶのはわかる。
子供がもうすぐ産まれるから、娘が心配なのはわかる。

だけど、娘が直接連絡も報告もしないのはなぜ。
どうして根本的なことを考えないのか。

親が子供を思う気持ちはわかるけど、所有物化してはいけないと思う。
子供も一個人として尊重すべきだと思う。
子供もいつか大人になるのだから、大人になったら静かに見守るべき。
子供は必要な時に親を頼るはずだから。


ただ、わたしの両親は頼れるような人間ではない。
劣等生を否定して、優秀な子のみをほめる・・・他人に対してもそう。
何事も自分達の小さなものさしで測り、妄想・推測する。
そして勝手に決め付ける。

自分達を上の人間・・・つまり優秀な人間だと思っている。
何をものさしとして優秀なのか。

いままで影でどれだけ言葉の暴力をふるってきたのか、本人達は気がついてない。
そして、それがどれだけ娘を傷つけていたかも・・・
どれだけ娘がストレスだったか・・・

わたしは心の底からこんな親になりたくないと思っている。



いままで根本的なストレスの原因は両親。
自分の体調は気持ちは自分が一番よくわかってるつもり。
もうほんとに嫌だ・・・
赤ちゃんごめんね・・・

わたしは、元気な赤ちゃん産んで旦那さんをパパにしてあげたいの。
そして、3人+一匹で静かに暮らしたいだけなの。
ただそれだけ・・・

久しぶりに沢山泣いて赤ちゃんが本当に心配・・・
今日で38週・・・早く会いたいよ。
ママは待ってるから元気に産まれてきてね。



にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 天使ママ・天使パパへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

周囲の対応⑦~会社の先輩・同期

死産後、同じ店舗で連絡くれたのは一人の先輩のみ。

そして、風の噂で聞きつけた他店舗の先輩一人。


同じ店舗の先輩は仕事はあまり出来ないのだけれど、心の優しい人なんだと思う。
一度も返信してないのに、何度も心配して連絡をくれた。
ただ、今の店舗にあってなかったようで・・・昨年他店に異動したようだ。

他店舗の先輩は誰から聞いたのか知らないけど、連絡してきた・・・・・
わたしはこの時点で、自分の上司を疑い軽蔑した。
わたしの職場は女性ばかりなので、女性特有の陰口や噂なんかは瞬く間に広がる。
わたしはこの状況を知って、ますます会社に行きにくくなった。
上司なら配慮するべきじゃないのか?
わたしがもし逆の立場だったら、配慮して他言なんてしない。
むしろ、他の人もわたしのは話なんて聞いておもしろい?興味あるわけ??
人の不幸を酒のネタにして楽しい??


同期とは昨年までは、わたしの状況を知らないらしく普通に連絡してきた。
しかし、年明け連絡が途絶えた・・・きっと誰かからわたしの噂を聞いたのであろう。
入社時から切磋琢磨して、支えあって頑張ってきたのに・・・所詮女なんてこんなものだと思った。


わたしは、もともと他人の噂とかに興味ない人なんです。
ミーハーでもないので、芸能人の話とか興味なくて・・・お客様として有名人と携わったとしても何も感じない。
だって、自分の友達でもない人の話聞いて何が楽しいの?
女特有の「○○の友達の○○が~、○○の友達の彼氏が旦那が~。」この発言。
みなさん、そんな顔も薄っぺらくしか思い出せないような人の話興味あります??

そんな噂話より、今これが楽しいよ~おいしいよ~このコスメいいよ~とか
そういう単純な会話のがまだいいです!!!

今連絡取っている友人達は、他人の噂を他言するような人ではないと思っているので害はないのですが
・・・
もしそんな話聞いたら絶縁ですね。

だって、人の噂してる暇あったらもっとやることるだろう!??っていつも思う。
そんなこと直接言ったら人間関係円滑に行かないので直接は言いませんが・・・
噂話聞こえてきたら聞こえないふりするか、話ふられたらその人の好きな話にすり替える!!
ッて感じでわたしは社会人生活乗り越えてきました。
仲いい友達が噂話してたら言い返せるんですけどね・・・「わたしその人知らないし興味ない。」って



こんな性格で赤ちゃん産まれてママ友とうまくやっていけるのか不安を感じているENOでした・・・


つづく・・・

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 天使ママ・天使パパへ
にほんブログ村

周囲の対応⑥~妹

わたしには二つ下の妹がいる。

妹はいつも笑顔で気配り上手。
必要以上に人のこと考えて気を使ってしまう。


死産後、妹と少し確執ができたように思う・・・
産後、母親が手伝いに来てくれる時に揉めたのだ。
両親は自分で直接わたしに意見を言えないので、いつも妹を介して話してくる。
それが一番妹は気に入らないのであろう。

わたしは突然の死産宣告・出産で何も考えられなかった。
うちに帰って旦那とエルとゆっくり過ごしたかっただけ・・・
だから母親には手伝いに来て貰わなくてもいいと思ったので、来なくていい!!っと話した。
しかし母親は、なんで?産後は動いちゃダメなんだよ?って・・・
やはり相手の気持ちは考えないらしい。
わたしが実家に帰って来てくれるのが一番いいだけど・・・って何度も言われた。
わたしは疲れる実家に帰りたくないし、旦那にエルにもポンポにも会えない生活なんて考えられなかった。
一晩考えて、毎日終電で帰ってくる旦那の負担と減らす為に母親に来て貰うことになった。


それからの生活は、子宮収縮なのか筋腫の痛みなのかで何日か動けなかったから母親には感謝した。


だけど、この時期は妹とは一切連絡が取れなくなった。
毎日仕事に行って、帰ってきて父親の世話・・・
食事の用意、洗濯、掃除・・・父親は一切家事ができないので妹は苦労したであろう。
わたしが死産なんてしなければ、妹に迷惑かからなかったのに・・・
母親は忙しいから連絡来ないんだ。
って言ってたけど、妹はイライラしていたんだと思う。
ただでさえめんどくさい父親なのに、二人で生活して面倒みて・・・


わたしは大学進学とともに家を出たので、両親とのストレスな生活は逃れられた。
妹は近所の大学を出たので、必然的に実家から通い出れなくなった。

一度、妹が就職したときに家を出て友達とルームシェアすると言いだしたことがあった。
そしたら父親が激怒したのだ。
妹はこんな家から出たくて考えたのらしいが、男女4人でルームシェアするという内容が父親の劇凛に触れたらしい・・・
妹いわく、わたしは家を出て自由に暮らしていてずるい。
私ばっかり我慢してもう限界・・・妹は遅い反抗期が来て、この時期はほとんど家に帰って来なかった。
私も妹がこんな状況でも実家に帰らなかった・・・それもよくなかっった。


その後、一人暮らしの話はでなくなった。
反抗期も終わり大人になったのかと思いこんでいた。
しかし違ったようだ。
先月妹が用事があるので、うちに泊まりにきた。
ただこの日は激怒りしていた・・・・
①何でわたしは用事があって泊まりに行くだけなのに、こんなに荷物持たなくてはいけないの。
※母親がついでだからと色々と食材を持たせたらしい・・そのせいで電車にも遅れた。
②母親は妊娠に気がついているので、産後のこととか心配しているらしい。それを、わたしに直接言わないで妹を介して言うからイライラしてる。
③父親に話さないことにイライラしてる・・・
とりあえず、自分ばっかり利用されるから疲れた。
姉は実家を出てるから楽でいいよね。
ずるいと言われた。。。

わたしは「疲れるなら家を出ればいいじゃない?」と簡単に返事してしまった。
妹「よく簡単に言うよね?そんなこと言ったらどうなると思うの?」
わたしは、前と状況違うし話し合えば出れると考えたのだけど・・・
妹はこの発言に堪忍袋の緒が切れたようで、電話がつながらなくなった。




こんないきさつがあるから、今回の無事出産しても母親には手伝いに来てほしくない。
妹にかなりの負担がのしかかるから。
来るなら人さまに迷惑かけないように、父親の家事教育しろ!!って言いたい。
前回と違って、赤ちゃんがいる生活なのだから想像を超える大変さかもしれない。
だけど、妹に負担がかかる位ならそんなの乗り越えらえる。
母親が何を言おうと私は、今回の出産と旦那と乗り越えてみせる。



つづく・・・

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 天使ママ・天使パパへ
にほんブログ村

周囲の反応⑤~両親

わたしには両親と妹がいる。


死産報告後、両親は早朝すぐに飛んできた。
母親「安定期過ぎたから大丈夫だと思ってたんだけどね・・・」
父親「元気そうでよかった。」
わたし「・・・」
わたしは元気であることを装った。


母親は何も言わずに寄り添って、陣痛の痛みを緩和してくれた。
母親は口数の少ない人で、今回の死産も何も言わなかった。
産後3週間一緒にいてくれたけど、黙って家事をして傍にいてくれただけ。
昔から何考えてるかわかんなかったけど、今思うと何も考えてないんだと思う。
お父さんの言いなりで自分の意見を言わない人だから・・・
わたしは干渉されたくない人だから、それで良かった。


父親は何で来たんだろう?ってくらい空気読まない発言ばかりでイライラした。
いざとなると「わたしの苦しんでいる姿はみたくないから。お母さん頼む」
って感じでずっと控室。
いつも強気なくせに、大事な時はいつも一番臆病になる父親。
別にいてくれなくていいんだけど、一応親だから身体の心配したんだと思う。
この時も、わたしの気持ちより身体の心配。
わたしが元気を装ったから「○○○は元気そうだったよ。」って家族に話していたらしい・・・
お前ほんと親かよ?って思った。



父親は亭主関白で、家事育児は母親の仕事。
自分は金を稼いでくるのが仕事だと考えてる人。

まわりから見れば優しいのかもしれないけれど、それは外面や世間体を大事にしているから。
小さい頃から娘の気持ちなんて考えたことないと思う。
娘のこと考えても全てマイナスに考えて、信用もしてないし、人と比べてばかり・・・
いつも妹から間接的に聞かされるけれど、わたしのマイナスなことしか話さない・・・
大学受験に失敗して浪人した時も、あいつはダメだの一点張り。
姉は頭が悪いだの、頭の悪い大学にしか受からなかっただの、妹に言っていた。
就職試験の時も私が一切連絡しないから、あいつはこの時期に何も言ってこないからどうせダメだ。
ってずっと言ってたらしい。

わたしはずっとそんなことを影で言われてきたから、悔しくてがむしゃらに頑張って成果を出した。
そしたら就職報告の時に掌を返したように喜んでいた。
わたしは心の中で「いままで影でわたしのこと悪く言ってたこと謝罪しろよ!!」って思った。
身内に自慢しまくっていたと祖母から聞いた。
わたしはお前の所有物じゃない・・・心で思った。
自分の力で自分の夢を叶えたんだ!!って言ってやりたかった。

今、父親は妊娠してることを知らない。
妹には報告してあり、母親には言ってないが気がついていると妹から聞いている。



わたしは死産後に一番寄り添ってくれると思っていた家族に裏切られ、言葉の暴力をふるわれた。

死産後、会社を辞めようかどうか母親には相談していた。
旦那は辞めればいいとずっと言ってくれている。
妹も辞めてもいいんじゃないと言ってくれた。
ただ両親だけは否定的だった。
「辞めても就職できる場所なんてない!!死産して、筋腫持ちの女をどこの会社が雇ってくれるか?」
もう言葉を失った・・・
「いいとこに就職できたからもったいないじゃん。働いてれば楽しいこともあるしね。」
母親が興奮気味に話すので、そーだねとしか返事出来なかった。
もう言葉にできない位落とされた・・・
こんな人たちが両親なのかと・・・
だから辞めれなかったのだ・・・
両親を傷つけて、また影で罵倒される・・・もう考えただけで苦しかった。
まだ私を信用してないんだって思った・・・
大学卒業して、就職して、結婚して・・・全部自分で考え行動して成し得てきたのに!!
今までの人生否定された。


妊娠がわかってからも無事に赤ちゃん産まれるま話したくなかった・・・
静かに生活したいから話したくなかった。
無事に産まれる保証なんてないんだもん・・・
もしまた無事産めなかったら言葉の暴力がふってくる・・・
そしたらもう家族でいれなくなるよ・・・


旦那が今日、そろそろお父さんに報告しないとまずくない?
と言うのでこんな記事を赤裸々に書いてしまった・・・
もう産まれてもおかしくない時期に報告するのは非常識だとわかっている。
だけど、前回のことがあるから今度の妊娠は寄り添ってほしい・・・
もしかしたらまた言葉の暴力が来るかもしれない・・・
そんなことを考えていたら寝れなくなってしまった。




つづく・・・

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 天使ママ・天使パパへ
にほんブログ村

周囲の対応④~友人

死産後、友人に連絡したのは二人だけ。

新婚の親友と三人の子持ちの友人。


死産宣告された日の夜。
すぐに友人にも連絡した。

親友は・・・
「誰のせいでもない。自分を責めないで。」みたいな文面だった。


子持ちの友人は・・・
「実は、わたしも初期も初期の流産をしたことがある。」
「だけど、わたしの時とは比べ物にならない位だよね。わたしの気持ちが心配。」みたいな文面だった。


前回の妊娠は、会社の人以外は二人の友人にしか妊娠報告はしてなかった。

親友には死産宣告直前に会ったときに話したばかりだったから、びっくりしていたことだろう。

友人には、妊娠中に色々相談に乗ってもらっていたので、その後も長い間メールでのやりとりはつづいた。



わたし・・・
友人の言葉に何も響かなかったのです。
むしろ、わたしの気持ちなんでわからないでしょ・・・ってずっと思っています。

親友には特に思っている・・・
会うたびに「元気になったみたいだね。元気な姿が見れてよかったよ。」って言われて・・・
元気って何?・・・
毎回言われる度に嫌な気持ちになった。
元気になってなんかいない!!!頑張って生活してるだけ!!
しょせん、子供産んだことない人には私の気持ちなんて理解できないんだ。
子供産んだことある人でさえ理解できない人は沢山いるんだから。

友人とは今回の妊娠も報告して、妊娠中期まではたまに会っていた。
だけど、妊娠報告するまでは「仕事もしないで何しているんだろう?」的な目で見られていた。い
確かに世間一般からみると、私はそのように見えるのだろう。
そーいう風に思われてるとわかった時に、やっぱり理解はしてくれてないんだな・・・・って感じてしまった。
その後、あまり会うことはしなくなった。

ポンポを亡くしてから周りの余計な情報とかどーでもよくなった。
会社のこと、周りの友人の近況、その他もろもろ・・・
全ての情報をシャットダウンして引きこもっていたかった・・・

みんな人生順調に過ごしているのに、なんでわたしだけいつも壁が待ち受けてるの・・・
なんで私だけ??ずっと思っていました。
人生には意味があると言うけれど、今回の壁は大きすぎるよ・・・
何も人を殺さなくてもいいじゃない!!って心で叫んでいた。


ポンポを亡くしてから・・・
はじめはネットで検索魔になったり、図書館で本を読みあさったり、天使ママさんのブログなどを読みあさってました。
それでも、モヤモヤから抜け出せなくて旦那と旅行に行ったり、何も状況を知らない友達や先輩に会ってみたりしました。
次の妊娠が発覚するまでの四か月は色々模索してました。

つづく・・・

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 天使ママ・天使パパへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。