スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死産の原因~ポンポとの別れ

ポンポの死亡原因はおそらく臍帯可念転。

詳しいことは検査をまたないとわからない。

ただ、ポンポの解剖や夫婦の遺伝子検査はしなかった・・・
そんなことをしてもポンポは喜ばないと思ったから・・・



出産後、個室の病棟に移動した。
移動するときに助産師に
「赤ちゃん綺麗に生まれてきましたね。綺麗に生まれてくると、まだすぐに赤ちゃん来てくれるって言いますからね。」
と言われた。
ほんとかな?ってこの時は思ったけれど、今そうなのかもと思ってる。

この日の夜も寝れなかった・・・・




翌日、この日は一日休息。
子宮が収縮してかなり痛い。
旦那が朝から来てくれて沢山話した。

午後、火葬屋の方が来てポンポとの最後のお別れをした・・・


私たち夫婦は火葬には立ち会うことはしませんでした。


可愛い私の子・・・
大好きだよ・・・
幸せになってね・・・


お別れした後、涙があふれて止まらなくなった。
エレベーターに乗ることもできず、控え室で旦那に抱きしめられながら泣いた。
この日を忘れまいと、今の二人を写真に撮った。

今でも控室にいる写真を見るとあの時の記憶を思い出す・・・


7月2日
朝から内診があり、今日退院できることになった。
不安と悲しみでいっぱいだった。
退院時、わたしはポンポの遺骨を持って退院した。
まわりは赤ちゃんに群がる看護師と家族。

何とも言葉にできない苦しみ悲しみだった。
旦那が車を出してくれる少しの間でも気が狂いそうだった。

旦那が来て、私は車へと乗り込んだ。
また涙があふれてきた・・・


遺骨を抱えて退院する自分。
幸せいっぱいに周りから祝福されて退院する他人。


同じ場所にいるのに世界が全く違って見えた。


つづく・・・





にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 天使ママ・天使パパへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

No title

またまたピーチ✩ママです!

火葬に立ち会わなかったのですね。
私は、長男も次男も立会いました。
まだ悪露があったけど、一時外出させてもらって。。。

実は、私も妊娠6ヶ月で産まれてるんです(^_^;)
2人とも。
早産の原因は双角子宮で、初めからお腹が張りやすかったことです。
だから、次妊娠できたときは長期入院が確定です。

息子2人は、保育器の中で数時間一生懸命生きてくれたのですが、超低体重児で肺も未熟。。。
「新生児呼吸窮迫症候群」という病名で亡くなりました。
病名が付いてるので、正確には死産ではないようですが。。。
今も、遺骨は自宅に置いてます(^-^)

ピーチママさんへ

コメントありがとうございます。

ピーチママさんも二人お子さん亡くされているのですね。
次の妊娠も不安ですよね。
わたしは臨月入りましたが毎日不安で、両親にも話してなくて・・・
病院には毎週通っています。

突然のことで何も考えられず、火葬屋の人にほとんどの人が立ち会いはしてないと言われたので鵜呑みにしてしまいました。
今思うとそれも後悔の一つです・・・

うちも遺骨は自宅に置いてます。
毎日ミルクあげて話かけてます><
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。