スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予感

ポンポの最後の妊婦検診の朝の出来事。


わたし「ポンポいるかな?」
旦那「何いってるのー、いるに決まってるよ。」
わたし「うーん・・・」
旦那「何?不安なの??今日検診でしょう?」
わたし「うん、今日は糖の検査あるから早めに行く。」
旦那「大丈夫だよ。何かあったら連絡してね。」・・・と会社に出勤して行った。



わたし、死産宣告される日に感じたのです。
「お腹にポンポいないかも・・・いる気配がしない・・・・」

数日前から胎動なくて先輩に・・・
「最近胎動少ない気がするんです。」って話してた自分がいた。

初産だったし自分の変化に鈍感だった。
しかも仕事が忙しすぎてポンポと向き合う時間がなかった。
でもこれは今思うと言い訳・・・もっとポンポと向き合うべきだった。
だからお空に帰ってしまったのかな・・・
ママが準備不足だから・・・


妊娠初期から不安で、もしかしらダメかも?って気持ちがいつもあった。
だから、会社の人以外は親友以外に報告しなかった。
安定期過ぎても不安で、それは強まるばかりだった。
けれど、仕事中心でそこまで深く気にしたことがなかった。
今思えば初めから私は気がついていたのかもしれない・・・



今の妊娠は初期からなぜか自信があった。
「今回は大丈夫!!」何でかわからない自信があった。
何かあっても今回は大丈夫。
だってポンポが見守ってくれてる。
ポンポが巡り合わせてくれた命なんだから、絶対に守らなくてはいけない。
今も不安だけど、毎日「大丈夫、ポンポが守ってくれてる」って思ってる。
毎日遺骨に「今日も赤ちゃん守ってくれてありがとう。明日も赤ちゃんよろしくね」など沢山声かけてる。

しつこいけど、私は言霊を信じているので「感謝の気持ち」は特に声に出して相手に伝えるようにしている。
だから、ポンポは守ってくれているはず。
優しい顔したお姉ちゃんだったから・・・


にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 天使ママ・天使パパへ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。