スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮内胎児死亡宣告

2013年6月27日妊婦検診22週。

この日は糖の検査があるので午前中に受診、合間に診察。

診察台にあがりいつものようにお腹を出す。

先生がエコーあてて画像をみる・・・しばし沈黙。

先生「残念なのですが、赤ちゃんお腹の中で亡くなってますね。」

わたし「・・・・」

先生「前回から体重が増えてないので、亡くなってから時間がたっているのかもしれません。」

わたし「・・・泣」

処置をしなくてはいけないので入院が必要。
赤ちゃんが亡くなってから時間がたっているので早く取り出さなければならない。
22週なので死産扱いになり、通常の分娩と同じようになる。

なんだか急に色々言われたからよくわからなかった。
診察室から献血室に移動・・・家族に連絡してと言われたので旦那に連絡。
連絡しようとするが涙があふれてきて止まらない。

旦那に「ポンポ(第一子・お腹の子)がお腹の中で亡くなってた。」と報告

旦那「えーほんとに?えー・・・・」今にも泣きそうな声

旦那「ずっと幸せが続いていたから、こんなに幸せでいいのかな?ってずっと思っていたんだ。」と言われた

確かにそーなのかもしれないね・・・涙が止まらなかった。

つづく・・・



にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 天使ママ・天使パパへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。